<a href=ヤマハから始める!大人のアコギ入門セット YAMAHA FG820L NT アコースティックギター レフトハンドモデル 9点セット。">

YAMAHA Tio1608-D 16in/8out I/Oラック-その他

YAMAHA Tio1608-D 16in/8out I/Oラック-その他

YAMAHA Tio1608-D 16in/8out I/Oラック-その他

Fender Aerodyne Jazz Bass Left-Hand BLK レフティ エレキベース

YAMAHA Tio1608-D 16in/8out I/Oラック-その他

  1. PULSE F10U 10U ラックケース

YAMAHA Tio1608-D 16in/8out I/Oラック

Tio1608-Dは先進のオーディオネットワーク規格「Dante」に対応した16マイク/ライン入力、8ライン出力を備えたI/Oラックです。

ステージに設置したTio1608-DとDante入出力カードNY64-Dを装着したTFシリーズ本体との間をイーサネットケーブルで接続するだけで高音質/低レイテンシーの音声伝送が可能になります。Tio1608-Dに搭載しているプリアンプゲインはTFシリーズ本体からリモートコントロールでき、本体に内蔵されたプリアンプのコントロールと同様に行うことができます。

■Danteによる自由度の高いシステム構築。
ネットワークオーディオ規格「Dante」を採用しているため、TFシリーズだけでなく他のDante対応デジタルミキサーと組み合わせて、システムを構成することもできます。この場合は、PCソフトウェア「Dante Controller」によりオーディオパッチ、「R Remote」 によりHAコントロール(将来対応予定)を行ないます。Tio1608-DのオーディオパッチおよびHAコントロールは、TFシリーズからだけでなく、CL/QLシリーズからも将来のファームウェアアップデートにより対応予定です。ただし、Tio1608-DのHAコントロールはPrimary回線でのみ行えます(リダンダント接続時にSecondary回線ではHAコントロールできません)。

■TFシリーズと最大3台接続可能のデジタルステージボックスシステム。
TFシリーズ本体とオプションのDante入出力カード「NY64-D」およびI/Oラック「Tio1608-D」 と組み合わせることで、簡単な設定で最大3台の接続が可能なリモートステージボックスシステムを構築できます。PA席に設置したTFシリーズ本体とステージに設置したTio1608-Dとの間をイーサネットケーブルで接続するだけで高音質/低レイテンシーの音声伝送が可能になるため、重くて接続が大変なマルチケーブルを持ち運ぶ必要はありません。

■高信頼性を誇るネットワークオーディオプロトコル「Dante」。
Audinate社が開発したネットワークオーディオプロトコル「Dante」を採用。低ジッター、低レイテンシー、高サンプル精度な高音質を実現しました。

■設定が迅速かつ簡単なQUICK CONFIGモード。
TFシリーズ本体との接続の際にTio1608-Dの「QUICK CONGIG」機能を使えば、ネットワーク設定や音声パッチを含めた接続設定が自動で行われる為、セットアップが簡単に終了します。TFシリーズ本体と、Tio1608-Dの「QUICK CONFIG」がONになっている事を確認し、各Tio1608-DのUNIT IDを設定。TFシリーズ本体に装着したNY64-DとTio1608-Dをイーサネットケーブルでデイジーチェーン接続し、各Tio1608-Dの電源をONにするという簡単な手順で接続の設定が完了します。

■シンプルかつ柔軟な入力設定。
TFシリーズ本体との基本的な接続の設定が完了すれば、目的に応じ簡単かつ柔軟に入力設定が行えます。新しく追加された「ALL INPUT」機能を使えば、全てのインプットセレクトを一括でTio1608-Dからの入力、もしくはTFシリーズ本体への入力や、USB端子に接続されたPC/Macからの入力に切り替え、コンソールに音声を立ち上げることが可能です。また、各入力のインプットセレクトは個別に行うこともでき、TFシリーズ本体へのインプットとTio1608-Dへのインプットを組み合わせながら使用することや、DAWに録音したボーカルの録音トラックを再生しながらバンドリハーサルを行うなど、柔軟な運用が可能です。

■リコーラブル可能なD-PREマイクプリアンプ。
TFシリーズの開発で追及した音楽的でナチュラルなサウンドはTio1608-Dでも継承。メカニカルな構造やボードの配置、電源&グランド、パーツの選定などを多岐にわたって念入りに検討し、また厳しい性能・リスニング テストを開発の各ステージにおいて行いフィードバックをすることで「音楽的でナチュラルなサウンド」を実現しています。プリアンプ部にはTFシリーズと同じリコーラブル「D-PRE」を搭載し、システム全体でナチュラルで音楽的なサウンドを提供します。

【仕様】
・サンプリング周波数:External: 44.1kHz or 48kHz:
・シグナルディレイ:Less than 3ms INPUT to OUTPUT, connect with TF5 and NY64-D using Dante,Dante Receive Latency set to 0.25ms(one way), Fs=48kHz
・全高調波歪率 *1:
:Less than 0.1% +4dBu@20Hz-20kHz into 600Ω, Gain=+66dB, INPUT to OUTPUT
:Less than 0.05% +4dBu@20Hz-20kHz into 600Ω, Gain=-6dB, INPUT to OUTPUT
:Fs=44.1kHz, 48kHz
・周波数特性:+0.5, -1.5dB 20Hz-20kHz, refer to the nominal output level @1kHz, INPUT to OUTPUT, Fs=44.1kHz or 48kHz
・ダイナミックレンジ:108 dB, INPUT to OUTPUT, Gain=-6dB / 112 dB, DA Converter
・ハム&ノイズレベル *2(20Hz to 20kHz), Rs=150Ω:
:-128dBu Equivalent input noise, INPUT Gain=+66dB
:-88dBu Residual output noise, ST master off
・クロストーク*3:-100dB, adjacent INPUT/OUTPUT channels, Input Gain=-6dB
・ファンタム電源:+48V
・電源電圧:100-240V, 50/60Hz
・消費電力:50W
・寸法・質量:480W x 88H x 364D・5.7kg
・付属品:ゴム脚x4
*1 全高調波歪率の測定は80kHz, -18dB/Oct のフィルターを使用しています。
*2 ハム&ノイズレベルの測定にはA-Weight フィルターを使用しています。
*3 クロストークの測定には、22kHz, -30dB/Oct のフィルターを用いています。

Pearl 103STH ヒッコリー ドラムスティック×12セット

お問い合わせはこちら